今の時期に必要なマスクの基本、亜鉛繊維の素晴らしい抗菌性

支援者の方の質問に対してお答えさせていただきます。
支援者のお話の通り亜鉛繊維を知らない人が多いことは確かでございます。
亜鉛はもともと抗菌及び抗ウイルスで注目されている素材で、これに関する文献や研究発表が多く存在しています。今までは液体やパウターなどでありましたが、純亜鉛を繊維にする技術を持つ先進は、現在ドイツと台湾になります。
私たちが今回プロジェクトを公開する亜鉛繊維抗菌マスクは、国際的に有名な検証機構の一つ(三つありますが)であるIntertekで検証認定を受けております。抗菌である効果は検証済みで抗特定コロナウイルスに関しては、今のところ検証していただける機関がなく、また時間を大変費やす形となります。規約などもございますので、ここでは詳細を述べることは遠慮させていただきますが、世界的に公開されている亜鉛についての文献や研究発表をご覧になっていただければ、お分かりになるかと思います。
何度も文章にさせていただいておりますが、現在多くのマスクが商品として販売されています。しかし、ファッション性やアイディアを重視するものが多く、今の時期に必要なマスクである基本を軽視しているものは少なくありません。4層、5層〜と枚数を重ねることに意味はないと私たちは考えます。
———————————–
そもそも、この今に必要とするマスクは:
表側が優れた撥水性能を持つこと。フィルターは微粒子をどのくらい濾過できることができる、また、抗菌とは付着菌にどれほど対抗できるか。肌に触れる内側には速乾性と湿気を排出する機能があるか。
今のこの時期に大切なのは、
効果と機能を備えたマスクが第一、次がファッションといった見た目。
効果面は上で書きました撥水と濾過できるフィルター、付着菌への処理となります・
機能面は、軽量負担なし、呼吸が苦しくなく、体力を要する仕事や運動でも使える、蒸れないなどです・耳掛け紐もそうですが、高質紐で耳を痛めない、フィットリングにより、マスクの上下のバランスを調整、使用者にあわせて密着度を調整。
そして耐久性、繰り返して洗って、長期使用できること。
———————————–
マスクの商品化はデザインするだけではありません。期待する素材の開発、試用者のフィードバックによる改善などと、初めて良質で人々のためのマスクが完成致します。

亜鉛繊維抗菌マスクはビジネスだけではありません、限りない多くの人々に広げていくことが私たちの初心であり、希望でございます。

暑い日々が続く毎日、感染拡大中でもありますので、何卒ご健康には充分にお気をつけください。

皆様のご支援及び拡散をお願い申し上げます。